気が向いたらゲームの感想書くよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

1月~3月のプレイ感想

ここ3か月でプレイしたゲームのうち一区切りついたタイトルについて感想でも。







魔装機神3(PS3/Vita)
昨年9月頃からプレイしつづけてやっとこさコンプリートした作品。ここ最近のスパロボの中では難易度が高いようで、敵の攻撃力の高さや射程範囲の広さそして思考パターンからFやF完結編を思い出しました。いやFシリーズよりはバランスとれていると思います。改造項目に運動性があったらどうなってたかわかりませんが(笑)。
ストーリーとしましては主人公マサキよりもむしろ脇役にスポットが当たっており、いつまでも悩み続けるマサキを見ることもなく良かったです。ただあまりストーリー自体が進行したわけではないのでいつ終わるのか・・・いやセールス的に続編ちゃんと出してもらえるのかのほうがもっと心配です(笑)
思いっきり値崩れしてしまったので後からVita版も購入してクロスセーブを試してみましたが便利ですね。そのときの気分によって据え置き携帯と切り替えられるのはとても良かったです。ウィンキーソフトの場合現時点では第2次OGレベルを望むのは酷とみているので、携帯機とのマルチに関してもそこまで抵抗感はなくむしろ魔装機神2からよくここまで進化したなあとポジティブに思うことができました。でも今回は値崩れしたからクロスセーブを試してみようと思えましたが、今後はマルチの場合セット販売の方法がもっと増えてくるとうれしいなと思います。最近だとNAtURAL DOCtRINEのお持ちだしパック。あれなら二つ買いたいと思いますね。

特殊報道部(Vita)
プラチナトロフィーもとりやすく話的にも各話単体十分楽しめるものでした。話の根幹は前エントリーでも記載した通りループものを昨年数作プレイしたせいで既視感があり、ラスト部分でのめりこめなかったのは残念でした。間が悪かったですね。

Limbo(Vita)
インディーズゲームでは有名なLimboですが、フリープレイで配信されていたのでちょうどいい機会と思いプレイしてみました。私がプレイした中ではdokuroに近い2Dアクションにパズル要素の入ったゲームです。印象に残るのはやはり死にざまがグロいところですね。グロは苦手ではありますが、薄暗くてモノクロに近い画面だった分さほど抵抗なくプレイできました。攻略法を考える時間が余分にはかかりますがボリュームとしてはとても短いゲームなので、ほかのゲームのついでに軽く楽しみたいなというスタイルで楽しめました。インディーズゲームも悪くないなと思う良いきっかけになりましたね。

ASSAULT GUNNERS(Vita)
こちらはスマホ向けゲームをVita向けにアレンジしたゲームだそうですね。フリープレイです。一つ一つのミッションがとても短く、Limbo同様他のゲームと並行している合間に軽く楽しむスタイルでプレイしました。こちらのほうはほとんどの場面で頭を使わずにドカンドカンできるのが魅力ですね(笑)

サウンドシェイプ(PS4)
ピローンピローン

FINAL FANTASY X-2 HD(PS3)
FF10-2目的でPS3版購入というひょっとすると私はレアな人かもしれません。FF10-2は一度もプレイしたことがなかったのでやってみたかったのです。当時プレイした友人の評判も悪かったし私自身ユリパの動画を見た瞬間に凍りついたので敬遠していたのですが、今プレイしてみるとどう思うんだろうなという興味が大きかった。
プレイした結果からいうと面白かったです。特に戦闘システムがいいですね。昔からFFシリーズの中でもジョブアビリティを駆使したシリーズ作品(3,5)が好きなので戦闘中にジョブを切り替えるシステムは良かったです。さすがFF13を作っていたチームだけあるなと思いました。
あとはメインミッションが薄目でサブミッションが豊富という意味では最近のゲーム構成に近いなと思いました(サブが豊富すぎるなとも思いましたが)。なので意外と古臭さは感じない。古いと感じた部分はキャラクターの動き方やチュートリアルが一度選択すると終わるまですごく長いこと。最近のゲームのチュートリアルはゲーム内にうまく組み込んでいるので洗練されてきてますね。
全体的にはわりとポジティブな印象で終わることができましたが、当時プレイしていたらまた違う感想にはなってただろうなとも思いました。やっぱりFF10の余韻をぶち壊された感はありましたから若いころの私ならそれを引きずったままクリアしていたかも。

Contrast(PS4)
インディーズゲームです。フリープレイでありましたので試してみました。ゲームの進行はrainと似ていますが、実体と影を利用したパズル要素があるところとストーリーや雰囲気がすれたところが異なるところです。そのすれたストーリーや背景、そしてジャズの組み合わせがぴったりで雰囲気はきっちり作れていることは好感でした。反対に操作性やキャラクターが物にひっかかることが多くてちょっとイライラさせられることもありました。
またトロフィーの取得条件は全体的に簡単でちょっと気を付けていればそんなに時間をかけなくてもコンプリートできます。全部ブロンズですけどね(笑)

RESOGUN(PS4)
思わぬ掘り出し物。フリープレイであって良かったです。シンプルなシューティングなんですが、触っていると爽快で楽しいんですよね。最初はちょっと難しいし軽く楽しめればいいかなくらいだったんですが、慣れてくるうちにどんどん気になってプラチナをとるところまでいってしまいました。

ドリームクラブ ホストガールオンステージ(PS4)
無課金でトロフィー10個以上が1時間以内に取れてしまう。んじゃやってみるかとプレイしてみることにしました(笑)。全員同じ挙動なので気味悪いなと思う部分もなくはないのですが、フレームレート60fpsってこんなにキャラが滑らかに動くもんなんだと率直に驚かされました。最近PS3で新作出たみたいですけど、これ見た後だとPS4ならなあと思わずにはいられなかったですね。
ちなみにこのゲームの女の子達の体格って率直に好みだったりします。

シェルノサージュ(Vita)
ちょうどアルノサージュが発売するころに以前フリープレイで確保していたのを思い出しまして、ついでにDLCが安くなっていたことからフルアップデートPlusセットを購入してプレイしてみました。ですから崩壊編最終章までいったところです。シャールの修復は大変そうだなと思っていたので、レストアパックありですぐにストーリーが読めるのは助かるなと。・・・ああDLCに毒されてるなあ(笑)。でも話を読むだけでも面白いですね。説明が長いので疲れているときにはお勧めしませんが。アルノサージュもやってみたいなと思うようになってきました。
しかし近年年のせいか私はキャラクターに対して苦手意識を持つことってあまりないのですが、イオンは久々に苦手だなあと思いました。もっと話が進めばしゃっきりしてくれるのでしょうか(笑)

Assassin's Creed 4(PS4)
なかなかプレイする機会がなかったシリーズですが、新ハード購入とともにいい機会だなと思い購入してみました。いや、プレイして良かったです。オープンワールドのアクションゲームということでinFAMOUSと同じような感覚で遊びました。追われているときに壁に登れなくてイライラするところもまったく一緒(笑)。違いをいえばAssassin's Creedの場合はステルス攻撃による暗殺でじわじわ敵を減らしていくところが面白いところですね。緊張感ありました。
本シリーズを試すことができたことはとても良かったことですが、プレイしたタイミングはちょっと失敗したかもしれないなとは思ってます。ええ、5月にinFAMOUSを購入予定なので。

こんな感じの3か月でした。いやあ、時間に余裕があったとはいえこの短期間で随分プレイしてますね。またこんな感じで感想も書いていきたいと思います。



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。