気が向いたらゲームの感想書くよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【攻略】特殊報道部 プラチナトロフィー取得メモ

※タイトルに【攻略】のつくエントリーはネタバレがあります。
ゲーム内容を知りたくない方は該当エントリーの閲覧をお控えください。

Vita 特殊報道部のプラチナトロフィーをゲットしたので取得のコツをご紹介します。今更需要があるかわからないですが(笑)。
トロフィーをまとめたWikiがネットにはありますのでそれを補足するくらいに見ていただければ。







私が取得に至るまでの経過時間:体感で約10時間

攻略情報を見たうえでの時間です。とても気楽にプラチナトロフィーがとれますね。各話とも中盤から2ルート分岐しますので最初から最低二周しなければ・・・と思いがちですが、セーブすればシステムデータにクリアした記録が残るようなので分岐箇所のデータを保持したまま1ルートクリア後に新しいセーブ枠にセーブ、それから分岐データをロードして残りのルートをクリアしてセーブするとどちらのルートもクリアした扱いになりコンプリートも一周でいけます。


ゴールド エンディングコンプリート
全てのエンディングを見た

読んで字の如くです。後述するエンディングトロフィーをすべて取得することにより取得できます。


ゴールド 読破
各話の既読率を全て100%にした

本作の中では比較的難しいトロフィー。タイトル画面の章選択メニューにより各話の既読率が見れますのでそちらを参考に。基本は2ルートと最終話のエンディング分岐を網羅すればほぼ100%になりますが、一部例外があります。5章で既読率に影響のある選択箇所が2点あるマテリアルチェックが2回あります。こちらは他の攻略サイトを参照するとよいですね。また最終話のプランニングはどちらを選択しても同じ話に行きつくので忘れがちですが、一度クリアしたあともう片方も選択してください。後者はすべてのエンディング見て既読率100%になっているのになんで読破トロフィーとれないんだ!と勘違いしやすいです。私がそうでした。ちなみにマテリアルチェックやプログラムディレクションでミスしたときのメッセージは既読率に影響なしです。(最終話バッドエンドルートを除く)


ゴールド オールS評価
各話の制作評価を全て『S』にした

各話2ルートずつ6話まで計12個の制作評価Sで取得できます。順調にS評価で進めていけば6話の2ルート目でSになったときに取得できます。


ゴールド グラフィックコンプリート
グラフィックを全て見た

全ルート全エンディングを通ればOK。確かクリア後の特典でイラスト集を見れる項目が出てくるはずなのでそれを見たタイミングだったと記憶しています。


ゴールド すばらしい観察眼
各話のマテリアルチェックをノーミスでクリア

書いてある通りです。マテリアルチェックはその場でセーブができるので選択が外れたらロードを繰り返して正解になったときだけ進めるを繰り返せばノーミスでいけます。もちろん攻略サイトを見るのが無難でしょう。


シルバー 第○話制覇
第○話の各ルートをクリアした

1~6話まで計6個分のシルバートロフィーです。2ルート分クリアしたタイミングで取得できます。制作評価の結果は問いません。


シルバー トゥルーエンド到達
トゥルーエンドを見た

バッドエンド見限り、ノーマルエンド、トゥルーエンドは6話までの各2ルートを通過していないと到達できません。その上で最終話のマテリアルチェックまですべて正解を選ぶとトゥルーエンドとなります。途中のマテリアルチェックでミスするタイミングによりノーマルエンドやバッドエンドに派生します。

※ブロンズトロフィーのうち説明文そのままの内容は割愛します。

ブロンズ 制作評価○
制作評価○を取った

制作評価はS、A、B、C、Dとあります。プログラムディレクションで4回タイミングを合わせて(3,2,1 cue!のcueの箇所)台本の内容に沿った画像を選択することで制作評価が変動します。タイミングが合うかつ正しい画像の場合Perfect、タイミングが合わず正しい画像の場合Good(文字は違ったかも)、間違った画像またはcueが終わるまでに画像が選択できなかった場合はBadとなります。4回PerfectでS、あとは1つずつPerfectの代わりにBadを増やしていくことでにランクが1つずつ下がっていきます。全部Badで制作評価D。こちらS評価を取るにはマテリアルチェックもノーミスでとトロフィー取得条件に記載されているのをトロフィー情報サイトでも見るのですが、プログラムディレクションで大きく変動するのでマテリアルチェックって影響あるのかな?と気にはなりました(当然未検証)。ただ一周でコンプリートを目指すにはどちらにせよマテリアルチェックのノーミスは必須ですから、ノーミスでいったほうが無難でしょう。


ブロンズ ヒダゴーン好き
マテリアルチェックでヒダゴーンを選択

最終話のトクホウ部でのマテリアルチェックにて壁にかけてある絵を選択すると取得できます。絵は二つくらいあったはずでヒダゴーンの話題がでない場合は違うのでロードしましょう。こちらマテリアルチェックでミス扱いになるのかどうか私はよくわかっておらず未検証です。自信のないかたはトロフィー取得後別枠にセーブしてマテリアルチェック開始前のデータをロードしなおしましょう。

以上です。

PSPlusでフリープレイになったときにダウンロードしておいたものです。善人シボウデスやTIME TRAVELERSも同様な感じで楽しませてもらいました。Vita持ちにとっては国内Plusは本当にいいオプションですね。









以下、簡単な感想。

TV局で超常現象を取り扱う特殊報道部に途中から配属された主人公と取材で出会った女子高生がメインとなり超常現象を体験していくテキストアドベンチャー。6話までの話は楽しませてもらいましたが、最終話であれ?と思わされたところがありました。前述した善人シボウデスやTIME TRAVELERSも最終的にはループからの脱却、未来の改変が話の肝になっていたタイトルでしたが、本作もそんな感じでして既視感を覚えました。最近流行っているのかな?逆にいえばこういったタイプを体験したことがない方には良いと思いますね。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。