気が向いたらゲームの感想書くよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

1月~2月のプレイ感想

ここ2か月でプレイしたゲームのうち一区切りついたタイトルについて感想でも。









シャイニング・レゾナンス(PS3)
不満もありましたが、私は戦闘と音楽がいいRPGは気に入る傾向にありますね。

flOw(PS4)
フリープレイでプレイし忘れていたのでどんなものか起動させてみましたが、開発会社は風ノ旅ビトで有名なthatgamecompanyでした。そんな感じのゲームでした。

ぷよぷよテトリス(PS4)
シャイニングレゾナンスのあと、少し別のジャンルのゲームをプレイしたいと思って購入しました。ぷよぷよはPSのSun以来、テトリスはエレクトロニックアーツ販売のPS3ダウンロード専用タイトル以来です。テトリスはオリジナルキャラなのでこんなものかという感じでしたが、ぷよぷよのイラストって随分変わりましたね。
感想はといいますととても面白かったです。プレイ時間でここまでパズルゲームをプレイしたのはSFCのす~ぱ~ぷよぷよ以来ですね。パズルゲームはもともと得意なジャンルではないので過去購入しても途中で難しくなってすぐに放り出すことが多かったのです。今回もアドベンチャーモードで特定のステージで三ツ星が取れなくてイライラしていたのですが、それを救ったのがビッグバンモードでした。とにかく爽快に連鎖やライン崩しができるのでアドベンチャーで溜まったストレスもこのモードでスパっと解消できました。あとはトロフィーの存在も大きかったです。
ぷよぷよとテトリスを組み合わせたルール(スワップやぷよテトミックス)に関してはたまにはこういうのもありかなという感じでした。
残念な点でいえばPS4版のオンラインがPS3やVita版とオンライン対戦できないことがまず挙げられます。年始の土日に行っても本当に人がいない。マッチングしたと思えばめちゃくちゃ上手な人しかいなくてボコボコにされてしまいました。笑うしかなかったですね。オンライントロフィー狙いで協力してもらったときに不要なマッチングを避けられたという点だけは良かったですが。
もう一点はアドベンチャーモードの会話部分のshare制限です。ただ正確にいえば私が不満に思ったのはストーリーが見れないことではないです。PS4のshare制限と解除が行われるときに本体機能で左端にメッセージが表示されるのですが、ストーリーをスキップしてすぐに対戦を始めようとするとPS4版はロード時間が皆無なので制限と解除のメッセージが対戦始まっているにも関わらず出てくるのです。煩わしかったですね。
この二点だけは不満でしたが、子供とも楽しめるしメリハリが効いててとても楽しめました。掘り出し物ですね。

アルノサージュ(PS3)
シェルノサージュのあとアルノサージュもプレイしてみたいと思っていましたが、ちょうどプレイ予定のタイトルもない合間ができたのでプレイしてみることにしました。
本作はシェルノサージュの続きから始まるので、登場人物やこれまでに起こった出来事は劇中で詳しく語られないことも少なくありません。ですから話の途中から始めるのは嫌だと思う方は先にシェルノサージュをクリアしておくとよいでしょう。まあ専門用語はともかくアルノサージュ内の話の筋がわかりにくいというわけではないですから、アルノサージュからいきなり始めてとっつきにくさはあっても理解不能にはならないと思います。
本作で良かった点はストーリーと音楽です。ストーリーで面白かったのは操作しているプレイヤー自身もストーリーに組み込まれていることです。メタ要素をジョークで使用しているゲームはよく見るのですが、盛り上がってきているストーリーにいきなりプレイヤーの存在を認識させてくるタイトルを私はあまりプレイしたことがありません。そういえばスターオーシャンのネットゲームあたりもそういうタイプですね。せっかく世界観に引き込まれていたのに・・・みたいな感じでともすれば興ざめにもなりかねない仕掛けですが、本作はシェルノサージュでイオンとプレイヤーがコミュニケーションをとるという形をとっていて慣れていたせいか抵抗感は正直なかったです。素直にああ面白いなと受け入れることができました。
あとは音楽がとても良かったです。戦闘曲やフィールド曲でよい曲が多かったせいですぐにサウンドトラックを買いに走りました。ただサウンドトラック自体は歌つきの楽曲がほぼ収録されていなくて一部のボス戦やラスボス戦の曲すら入ってなかったのは残念でしたが。
残念な点といえばシェルノサージュと同様テキストの内容が濃すぎて読んでいて疲れやすい点ですかね。特にジェノメトリクスの世界観はちょっとしんどくて終盤の核心部分以外あまり読んでいません。この辺は設定の解読とか大好きな方にはたまらない箇所なのでしょうけれど。
ただゲーム自体は独特な世界観含めてとても良かったですね。昨年プレイしていれば2014年のMYGOTYだったと思います(笑)。

トランジスター(PS4)
最初はとっつきにくいですがルールを理解すると楽しめるゲームです。ゲームの雰囲気はとても良かったですね。

以上です。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。