気が向いたらゲームの感想書くよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【攻略】魔装機神F 機体&操者インプレッション

※タイトルに【攻略】のつくエントリーはネタバレがあります。

ゲーム内容を知りたくない方は該当エントリーの閲覧をお控えください。

現在プレイ中、魔装機神Fの味方機体と操者に対する感想を随時更新していく記事です。更新完了しました。









レイブレード
主人公機です。避けるし比較的硬い機体。ノーマルタイプ、格闘タイプ、砲撃タイプとストーリーが進むごとに変化していきます。LF(格闘タイプ)以降は移動力が増え操者も加速が使えますのでとても使い勝手いいですね。機体がイタコなのか操者がイタコなのか知りませんが、死者によく乗り移られどんどんサキトの人格が好戦的になっていっており最後に精神崩壊しないかとても不安になってきます。終盤トランスドライブを覚えると敵1機撃墜(not マップ兵器)するごとにSPが10ずつ回復というとても便利な機能がつきますので、精神自由枠は集中を覚えて突っ込ませましょう。

リジェリオールCL
たぶんヒロイン機です。こちらもよく避ける機体、柔らかいですが。接近の武器もそこそこ強いですが基本は射撃。一撃離脱があるとないとでは使いやすさが変わってきます。中盤以降は修理装置と補給装置を持たせて強いノルス・レイ状態ですね。ノルス・レイどこいったんですか?

リジェリオールAR
CLがリーダー用ならばこちらは一般兵用。こちらは操者の能力のせいもありますが避けない柔らかい耐久力ないの3点づくしで敵射程内に放り込むと高確率で狙われます。こちらも修理装置と補給装置持たせてノルス・レイ状態に。そんな厳しい機体でも名手、PN貫通をつけたテュッティが乗るとそれなりに攻撃力の高い機体となり中盤くらいまではいけます。フィリスは・・・隠し要素ゲットのためにトドメ刺しでがんばりましょう。

ヴァルシオーガ
まあまあ硬めでアルメラの機体で唯一HP回復10%があるため、装甲を鍛えれば3,4体までの敵に攻撃を当てられること前提で突っ込ませることもできる機体です。クロスマッシャーはヴァルシオーネより強いので愛があればそこそこ戦力になるのではないでしょうか。二人目の操者になったあとは攻撃系スキルが弱い分あと一歩といった感じ。ただヴァルシオーネレベルの活躍は十分可能です。

ディーグリッド
ちょっと火力が弱めですが、中盤くらいまでは操者が幸運を持っていることもあり重宝します。移動力が低く加速を覚えないので強化パーツで補助したいところ。あとは必殺技のランクアップでP武器を増やしておかないと私のスタイルだとついていくのに精いっぱいでボスとどめ用機体になりがちです。

ジャオーム
再びゲンナジーが搭乗する機体です。しかし毎度のごとく弱い。。。たぶん攻撃力はディアブロといい勝負ですね。特殊スキルの開示トロフィーが今回もあるのでとりあえず潜入行動を開示するまでは育てました。

ノルス・グラニア
ノルス・レイの攻撃強化を行ったら修理装置と補給装置がオミットされたという。。。ひどい話ですね!操者能力は低めで攻撃力も低めで機体も弱めと多少愛が要求される機体ですが、P武器が少なくなった本作の機体の中でもP武器が比較的多いのでそこだけは救いです。あとはSPが多いので祝福要員としては相変わらず便利です。隠しMAP兵器の広域修理装置を入手しましたが、これとても便利になってますね。回復範囲が前作より広くて改造により100%回復しますので機体の使いやすさが一気に跳ね上がりました。一周目のうちから入手をお勧めしたいレベルです。

ウィーゾル改
全シリーズの中でも出番が一番あるんじゃないでしょうか、ウィーゾル改。今回は必殺技のキャラペイスバインドがとても強く、さらに攻撃範囲は直線でありながら3もあるダークネスボンテージが使いやすくて、ダークプリズンを除いて初めてレギュラーで最後まで使いそうな予感です。戦闘画面のカットインは相変わらずだなあと苦笑いしてしまいますね。

ガリルナガン
こんにちはヒュッケバインもどき。第二次OGから魔装機神にあの強敵が味方としてついに!・・・といいたいところですがスパロボのお約束といいますか味方だとそこまではのパターンですね。それでも比較的回避はしますし(集中こみで)、優秀なP武器もありますし序盤中盤は結構役に立ちます。終盤以降は攻撃力不足ですね。

ニムバス
前作で強力かつ広範囲のP武器によりプレイヤーをリセット地獄に突き落としたあの機体がロザリーの下僕とともに参戦。フェルミオンキャノンはP武器でなくなったものの中盤くらいまでは砲台として役に立ちます。主戦力としてはロザリーとの合体攻撃がないと火力が少し弱いですが、この機体のいいところはステータス異常攻撃が優秀なところですね。操者能力減少効果(しかもLv3)が効くと1ターン内は相手からのダメージの量や命中率回避率が大きく変わります。10万を超えるボス相手に集中攻撃をかける前にしかけると効果大です。

キョウメイ朱
前作も双子で組ませるとなかなか使いやすい機体でしたが、今回も火力は魔装機の中では高めで悪くないです。特に姉のリコはスキル双子同調でダメージ20%アップなので額面の数字以上を出すことも可能です。合体攻撃を連発しやすくするためにもコストセーブは欲しいですね。

キョウメイ蒼
ブレイクブレイドがランクアップしない分移動後攻撃の面で姉ほどの使いやすさはないですが、十分強いうえにこちらは修理装置を持っているのでニコの移動にリコがついていくという運用をするといい感じです。妹のニコはスキル双子同調で回避率20%アップなのですが、こちらはあまり恩恵を感じないというか敵からの命中率でいい数字にならないことが多いですね。集中、エーテルチャフで徹底すればそれなりにいい数字にはなるんでしょうけれど。

ガルガーディア
レイジングバストお姉ちゃん健在。カットインは毎度毎度揺れます。相変わらずのヤンロンに匹敵する格闘能力にスキル覇気激情による気力の上がりっぷりで攻撃力はとても高いです。序盤中盤ではボスキラーとして君臨し、また終盤でも雑魚相手にライジングスマッシュで削りまくりと最後までいけそうな感じです。前作と比較してMGやプラーナ消費がだいぶ抑え気味にはなっていますが、ガンガン必殺技を使いたい人はコストセーブがお勧めです。

ソルガディ
前作はこの機体なかったら私クリアできなかったと思います。今回もそこそこ高い回避値と集中、そして燃費のいい遠距離攻撃がありますのでエーテルチャフをつけて前作のような運用が可能です。ただ敵のP武器が少なくなったとことで前作ほど効果大ではないですね。今回の敵は無属性の敵がとても多いのでスキル亡魔征討がとても有用です。ランクアップ必殺技にも効果大なので中盤までのボスキラーとしても十分役に立ちます。

ディンフレイル
もともと回避が高いので前作はソルガディがいないルートで囮役として使うことが多かったですが、ルート分岐がほぼない本作ではレイブレードとソルガディがいれば囮はほぼ事足りてしまい私の使い方では出番ほぼないですね。特にショートレールガンがP武器でなくなってしまいとても使いにくくなりました。ストーリーでもギド・ベッキー・シモーヌは影が薄く序盤から登場しているゲンナジーのほうが出番多くないか?といった感じです。

ザイン
もともとの能力が低いうえにキョウメイ蒼が修理装置を持ってしまったがために使用する意義がさらに薄くなった感はあります。ただ脱力補給持ちの操者が少ないのでその観点から利用価値はあります。まずはヴェール・エトワールをランクアップしてエトワール・ラ・セーヌを使用できるようになってからが始まりでしょうか。幸いにして本作は難易度がそこまで高くないので好きで使っても困ることはないと思います。

ラ・ウェンター
射撃系の武器と射撃系のスキルが充実しており砲台としては優秀な機体です。一撃離脱があればもっと有用だったのでしょうけれど、それだとデルギランの存在価値がなくなっちゃいますね。鉄壁を覚えるので前作同様一機突出させて反撃でダメージを与える戦法は有効ですが、敵のP武器が減っているのでそこまでの効果はといったところ。

ジャスティニア
オービットミサイルがP武器でなくなってしまい、前作とは違い必殺技とニムバスとの合体技をメインに戦うと吉です。スキル勤倹力行はMGとプラーナ消費を下げてくれるので優先して覚えましょう。操者の能力は弱めですが、祝福と脱力を持っているので有用です。ストーリーではムデカをお供にしているような状態ですが、機体運用としてもニムバスをお供として運用する(合体技をニムバスが使うように先行する)と最後まで十分使える機体です。

グランゾン
今回は久々にグランゾンでの登場。ネオ・グランゾンは魔装機神のポゼッションのような気力が溜まることでパワーアップする扱いになっています。基本性能は操者、機体ともに相変わらず優秀です。ただMAP兵器以外に有力な遠距離P武器がなく一撃離脱もないのでできるだけ敵陣に突っ込ませて反撃で遠距離武器を使用するスタイルになっています。もともと装甲値が高く、ネオ・グランゾンになるとHPも大きくなるので囮役としても有用です。グラビトロン・カノンはきっちり改造して魂こみで使用すると普通に15000くらいはダメージを与えられるので(ネオのほう)、資金稼ぎにはもってこいです。ただ敵味方識別ができないのでエネミーダウザーが欲しいところ。

ヴァルシオーネR
前作で重宝したツインメガビームランチャーがP武器でなくなり進軍しながら撃破というスタイルではとても使いにくくなりました。円月殺法にランクアップがついたところは良い点ですが、そこに気力が至るまでが運用しにくいです。ヴァルシオーネにもポゼッションみたいなものが欲しかったですね。2周目で使ってみましたがスキル達人で射撃も上げられるので、覚えるレベルまで上げることとPPをきっちり入手しておけば戦力としても十分いけますね。

ギオリアス・ロイ
前作では回避値も高く集中を覚えるためルートによっては囮として役にたっていた機体ですが、今回は集中を覚えないためイマイチ使い勝手がよろしくありません。格闘武器の有効範囲の大半が直線である本作にあってスキル全周剣域は便利なのでこの機体を使用するならまずは覚えるべきです。ステータス異常の武器攻撃力減少も有用ですし、魂を覚えるのでボスのHPを削るのにも使えなくはないですから好みで利用しても損はない機体です。ただ加入して2話後には魔装機神が仲間になるのでちょっと埋もれちゃったかなという感じです。

ウェルスピナー・レイ
セルーションがP武器でなくなったためアタッカーとしてはさらに使い勝手が悪くなった機体ですが、スキル陣頭指揮は前作同様の便利さでレギュラーから落とすわけにはいかないです。ウェルスピナーを突撃させその周囲を味方機体で固め集中砲火を浴びせて生き残る機体はヨーテンナイのレヱゼンカヰムくらいです。また反撃のお供にも有用ですのでどうぞ。ストーリー面では前作とうってかわって本当に影が薄くなりました。今回はムデカとロザリーに花を持たせてあげましょう。

ディアブロ
装甲最大、堅忍不抜とプラーナシールドで驚きの硬さ。まさにアンティラス隊のぬりかべ。この硬さがあれば敵の真っただ中に放り込んでも大丈夫!・・・大丈夫なんですが、攻撃力の低さはいかんともしようがなく終盤どう運用すればいいんだろうと悩む機体です。緑の墓標と剣の舞のステータス異常攻撃くらいですかね。剣の舞のステータス異常は操者能力減少と装甲減少(ともにLv2)なので便利だと思います。

デュラクシール
ノルス・レイ大破によりセニアがデュラクシールに搭乗することになりました。貴重な修理補給要員が・・・セニアよ、お前もか。敵としては圧倒的な攻撃力を誇ったデュラクシールもセニアの手にかかればほーら弱体化。それでもきっちり改造すれば火力面ではそこそこです。特筆すべきはスキル損傷還元。前作では敵の攻撃の2倍ダメージを与えることはほぼ無理でしたが、本作ではそこまで難しくないのでダメージを喰らったあとに反撃でダメージを与えるとHPがすっかり回復という感じで囮として使えます。ただデュラクシールの燃費が悪いので余裕があるならフル改造でコストセーブが欲しいところです。

ネーゼリア
イスマイルがネーゼリアとなって復活!しかし弱体化とお決まりのパターン。武器の構成は長射程の武器3点と接近系のブレード1点。グランゾンと同様移動してからの武器が乏しく一撃離脱を覚えられないので進軍させにくいのがネックです。フル改造ボーナスか強化パーツによる移動力強化が望ましいです。操者能力、機体攻撃力は優秀なので十分最後まで使えます。

レオゲイラ
火系魔装機操者だけあって攻撃系のスキル精神が充実しており育てればそれなりに使えますが、わりとガルガーディアと似た感じの機体なので出撃枠的にどうよ?となりますね。若い熱血兄ちゃんと巨乳姉ちゃんどっちを使うかとなると・・・ねえ。ガルガーディアと比較してのアドバンテージは合体攻撃があることです。ただ射撃系、うん射撃。デルギランにとってはいいんですが、こっちは格闘ならばもっと有用だったでしょうね。

デルギラン
こちらはラ・ウェンターとかぶる機体です。違いはメフィルは一撃離脱を持っていてベッキーは名手を持っていること。ただベッキーは自由奔放を持っているので進軍に困らないですからやっぱりメフィルは不利ですね。合体攻撃は3体必要なラ・ウェンターより2体でOKなデルギランのほうが仕掛けやすいです。前作は序盤からいるうえに射程外からの攻撃ができるので有用でしたが、本作は中盤からの参戦なのが痛いです。ただ用語集で特定の敵と戦闘すると登録できる用語がメフィルにはありまして、特に終盤の48話にあるものですからまったく使わないのは得策ではありません。

サイバスター
「いつまでも、あると思うな主役の座」。中盤以降はサキトから完全に奪い取りますが。今回はポゼッション後にももう一つ必殺技が追加されますので、与えるダメージの量ではグランヴェール、ガッデスを抑えてトップになります。強化したアカシックバスターの有効範囲が直線になって使いにくくなったことを除けばシリーズ通りの優秀なアタッカーです。風の魔装機神なのにあまり避けてくれないところもシリーズ通りです。

グランヴェール
格闘においてトップクラスを誇るアタッカーは本作でも健在です。そして前作では高い回避値と集中がありながら射撃が低く囮役としては物足りない感じでしたが、本作は格闘と射撃が上がるスキル達人を覚えますから囮役としても十分いけます。ただそれ以上に優秀なレイブレードがいるので私は囮で使うことないかなと。

ガッデス
こちらは射撃においてトップクラスのアタッカー。格闘武器は前作以上に範囲が直線になっていますので射撃で強い、しかもP武器のものが多いガッデスは相変わらず使い勝手が良いです。操者で惜しい点は幸運と気合を覚えなくなったことくらいですね。自由枠で魂を覚えればグランヴェールと双璧。回避はほぼ期待できません、そこだけは注意です。

ザムジード
単純な攻撃力やスキルの向き不向きから前述3体よりは火力が心許ない機体です。それでもスキル豪腕があるのとルート関係なくポゼッションが使用可能なので、前作と異なりボスキラーとして使用することは十分可能です。ただカッシーニの間隙がP武器でなくなったのは痛いです。雑魚に対してはブーストナックルが基本になるでしょうからとにかく移動力をアップさせたいですね。ポゼッションや鉄壁、プラーナシールドで固めればぬり壁化は十分可能ですが、反撃用の射撃武器がちょっと弱い分囮役としては使えるもののもう一歩といったところ。

ゼルヴォイド
武器の種類が少ない分サイバスターと比較してもちょっと使いにくいところはありますが、操者能力、精神コマンド、攻撃力どれも優秀でボスキラーとして活躍してくれます。サイバスターみたいな恰好なのに避ける!避ける!集中使ってさらに避ける!風の魔装機神名乗ってもいいんじゃないですかね。

スヴェンド・デルツ
敵の高攻撃力で長射程のP武器はだいぶ削減されましたが、同様に味方の高攻撃力で長射程のP武器もまただいぶ削減されました。スヴェンド・デルツもその被害者です。そこまで攻撃力が高いわけでもなく加入も遅いのでメイドさん愛にあふれる人以外はそこまで使わないのではないでしょうか。オキュラ機のステータス異常攻撃は装甲減少Lv2と攻撃力減少Lv2なので便利です。セレマ機のステータス異常攻撃は・・・P武器じゃないので使う機会はほとんどないでしょう。

ガルガード
遅い!遅すぎる!加入が!本作の難易度を考えれば使ってもいいし使わなくてもいい、そんなポジションです。ガルガーディアかヴァルシオーネあたりと合体攻撃があったら良かったですね。

以上です。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。